CSGO初心者へのアドバイス完全版(設定~上級者レベルまで)

counter strike global offensive

今回はSteamで販売されている「Counter-Strike: Global Offensive」(カウンターストライク: グローバルオフェンシブ)の初心者に向けたアドバイスをまとめてみました。

CSGOを買ってみたものの「何をしていいか分からない」といった方に向けたアドバイス記事です。それではCSGOのゲーム設定、そしてこのゲームを最大限に楽しむための方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

まずはゲームの設定を完璧にしておこう

csgo

これから紹介する設定は、プロはもちろん中級者以上のプレイヤーなら必ず設定していることです。初心者の間だけは「面倒くさい」と感じるかも知れませんが、逆にそれは「かゆい所に手がとどく」システムだということですので、面倒がらずにしっかりと設定しておきましょう。

CSGOの起動設定

steamの所持ゲーム一覧からCSGOを右クリックし、プロパティを選択。一般タブに起動設定ボタンがあるのでクリックして開きます。そこへ以下のコマンドを記述してください。

「-console -freq 60 -tickrate 128 -threads 4 -novid -nojoy -high」

これらを記述することによって、CSGO起動時のビデオカットや、ゲームのパフォーマンス向上に役立ってくれます。

※「-freq 60」の部分は、144Hzモニターを使用しているなら60を144に編集してください。そして「-threads 4」はCPUのスレッド数に合わせてください。例えばcore i5やcore i74なら、ならそのまま4です。(最大4が推奨されています)

configの設定

configとは、CSGOのインストールフォルダにある「設定ファイル」のことです。設定を書き込んだ.cfgファイルをconfigフォルダに配置することで、細かく自分好みのゲーム設定でプレイできます。

cl_interp “0”
cl_interp_ratio “1”

例えば上のようなコマンドをファイルに記述することによって、「ヒットボックスが正確」になり、ゲームを有利にプレイすることができます。

本来ならwikiを見ながら設定していくのですが、面倒だと思いますので初心者のために必須コマンドが全て記述されたcfgファイルをアップロードしておきました。

上からconfigファイルをダウンロードし、解凍して出てきたautoexec.cfgファイルを「C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Counter-Strike Global Offensive\csgo\cfg」へコピーします。

このautoexec.cfgへ様々な設定を記入できます。例えば下記のように入力することで、キーボードのテンキーを押すだけで武器を即購入することができます。

便利コマンドはCSGOwikiのconfigページなどで解説されていますので、時間がある方は調べてみると良いかもしれません。

解像度はどれが良い?(4:3か16:9)

  • 4:3(1024×768など)
  • 4:3 引き伸ばし
  • 16:9(1920×1080など)

上記の3つが代表的な解像度です。下は比較イメージとして順番に、「4:3」「4:3引き伸ばし」「16:9」の順番に並べています。

4-3

4-3stretched

16-9

「4:3引き伸ばし」では敵の頭が大きく見えるためヘッドショットを狙いやすいです。「4:3」では視界が狭いので集中しやすく、リコイルコントロール(後で説明しています)がしやすいです。「16:9」は視野が広いというメリットがあります。

それぞれの解像度にメリットがありますので、実際に自分でゲーム内で試してみ、気に入った解像度を選びましょう。もちろん自分のスペックで十分に動かせるために、低解像度にするということも大事です。CSGOプロプレイヤーに多いのは、「4:3」と「4:3引き伸ばし」です。

引き伸ばし

引き伸ばしの設定方法は、まずゲーム内のビデオ設定で4:3の解像度(スペックに余裕があれば1280×1024などできるだけ高解像度)を選びます。そしてデスクトップを右クリックし、NVIDIAコントロールパネルをクリック。「デスクトップのサイズと位置の調整」にあるスケーリングモードの選択で、「全画面表示(U)」を選び、適用します。これで完了です。

NVIDIAのグラボでなければ「NVIDIAコントロールパネル」が無いと思いますので、お使いのグラボによってお調べください。

あとは「撃ち勝つため」の設定を

CSGO

重要なゲーム設定もそろそろ終わりです。あとはマウス感度とクロスヘア(照準)を自分好みに設定しましょう。このゲームではAIMもかなり重要なので、初心者の内から正しく設定するべきです。

マウス感度(振り向き)はどうするべきか

FPSではゲーム内で180度(真後ろ)に振り向くための長さを、「振り向き○○cm」といいます。

ハイセンシ(振り向き10cm)やローセンシ(振り向き30cm)など、FPSゲーマーの中には様々なセンシの人がいますが、CSGOではローセンシをおすすめしません。

なぜならこのゲームはフラッシュバン(閃光手榴弾)がとても強力なため、正面からまともに喰らってしまうと5秒間ほど何も見えなくなります。なのでフラッシュが見えた瞬間に100度ほど振り向き、フラッシュを回避しなけなければなりません。

例えばローセンシ(振り向き30cmほど)だとフラッシュ回避ができないので、自分が一瞬で振り向けるほどのセンシにしておきましょう。

マウス感度の設定は、ゲーム内オプションにある「キーボード/マウス」の「マウス感度」から変更できます。ちなみに私はマウス感度1.3(マウスdpi1800)の振り向き12cmほどです。

初めはクロスヘアを「クラシック」にしよう

最初は「クラシック」という、移動中や射撃中にクロスヘアが開くパターンをおすすめします。

初心者の内からプロのように全く動かないクロスヘアを使ってしまうと、武器のリコイルやストッピング速度を理解せずまま過ごしてしまうことになります。そうなるとAIMが成長しない事になりますので、初心者にはクラシックをおすすめします。

ゲーム内オプションの「ゲーム設定」から「照準のスタイル」、そしてクラシックを選択すれば設定完了です。

初心者に心がけて欲しいCSGOの特徴

csgo

ストッピングはほとんどの武器で必須

ストッピングとは、移動中に押しているキーとは逆方向のキーを押し、最速で体を静止状態にする方法です。

例えば、「Aキーで左に移動している」状態から一瞬で止まるには、「Aキーを離して」「Dキーを一瞬だけ入力」します。そうすることでクロスヘアが最速で締まってくれますので、初弾を正確に飛ばすことができます。

このストッピングがCSGOではとても重要で、ほとんどの武器でストッピングをしないと弾がまっすぐに飛んでくれません。ハンドガンなどの「ストッピングが不要な武器」もありますが、遠距離ではストッピングがほぼ必要です。つまりストッピングは無くてはならないプレイヤースキルなのです。

初心者の間はストッピングを難しいと感じるかもしれませんが、焦らずにじっくりと覚えていきましょう。プレイ100時間ぐらいには完璧になっているはずです。

ちなみに斜め移動(例えばWとD)では逆キーである「SとA」を押す必要があります。2つになる分、ストッピングがかかる時間が遅くなるため、クリアリング中などの敵がいそうな場所では斜め移動を控えましょう。

リコイルコントロールを覚えよう

リコイル(反動)をコントロール(制御)することを、リコイルコントロールと呼びます。例えば、ライフルを連射すると「上へと反動」します。なのでマウスを下に移動することにより、一点に集弾させることができます。

リコイルコントロールのおすすめ練習方法は、Recoil Masterというワークショップマップです。ワークショップとは、ユーザーが独自に作ったマップを、他のプレイヤーがプレイできる機能のことを言います。

まずはsteamにログインし、Recoil Masterにアクセスします。そして緑のサブスクライブというボタンを押しましょう。

Recoil Master

そうすると「サブスクライブ中」というチェックマークが入ったボタンに切り替わります。あとはCSGOを起動し、ゲームを探す→「ワークショップ」でRecoil Masterを選んで進みます。

武器を撃つことで、その武器に切り替わります。初めはAK-47の練習をおすすめします。

weapon

左の「SHOW IMPACTS」を撃つことで、撃った痕跡をペイントで着色し、見やすくできます。

show impacts

show impacts2

マウスをどのように動かせば集弾させることができるのかモニタリングされています。(一部の武器のみ)。CSGOでは途中から弾がクロスヘアの中心に飛ばず、クロスヘアの上部あたりに弾が飛ぶような反動になっています。

recoil

右にある「T-TARGET」を撃って有効(緑色)にするとターゲットが表示されます。

target

1マガジン撃てば、チャット欄に集弾率がスコア表示されます。とりあえずマップ中央からの集弾率を60%~ぐらいまでにできれば上出来です。

spray score

AK-47、M4A4はゲーム中で一番使う武器なので、まずはその2つに慣れると良いでしょう。

はじめからリコイルコントロールが上手な人なんて存在しません。焦らずにゆっくりと経験を積んでいきましょう。

それでは実際にゲームをプレイしてみよう

まずはBOTデスマッチでゲームマップを覚えよう

csgo map

CSGOを起動してプレイ→ボットとオフラインを選択。そしてデスマッチを選んで、下のマークが付いたマップを選びましょう。このマークは「大会で使用されているマップ」を表すもので、マップ構造が良く、人気の高いマップの証です。まず初心者はこの大会マップを覚えるべきです。

hot map

デスマッチとは、マップ内のランダム位置からスタートし、敵を倒すことによってスコアを競うゲームです。死んでもすぐにリスポーンするので、AIM練習、そしてマップを覚えるには最適のゲームモードです。

慣れてきたら実際に対人戦をしてみよう

CSGOを起動、プレイ→ゲームを探す→デスマッチ→「有効な服務グループ」を選択してスタート。そうすることで大会マップにて、実際にリアルの人達とデスマッチをプレイできます。

しかしマップ選択は投票制のため、人気のDust2が選ばれやすく、マップをまんべんなく覚えることができません。なのでマップを覚えていない方には、マップを選択できるBOTとのデスマッチがおすすめです。

レベル3になると本格的にCSGOを楽しめる

csgo rank

CSGOのデスマッチなどをプレイすることによってEXP(経験値)がもらえます。その経験値が累計10,000に達することで「Private Rank 3」になり、マッチメイキングという5:5の爆破がプレイできるようになります。これが一番人気のモードであり、大会で行われているモードです。

csgo exp

戦績によってランクが与えられ、公正なバランスで爆破モードを楽しめます。日本だけではなく外国の人とも繋がっているので、2~3分ほど待つだけですぐにマッチが生成され開始できます。

csgo mm rank

上手くなるにはプロの大会動画やフラグムービーを見るべし

YouTubeなどでプロの大会動画や、フラグムービー(良いKillシーンのカットのこと)を見ることはとても大切です。メリットとして以下のようなものがあります。

  • ラウンド開始時の初動配置を学べる
  • プロ目線のクリアリング方法を知れる
  • 知らなかった強ポジションが分かる
  • フラッシュの上手な使い方が分かる
  • 神プレイを見てモチベーション向上

これらのように上級者のプレイはとても参考になり、実際に自分がプレイするよりも上達できる場合もあります。プロの大会動画はYouTubeの「ESL-YouTube」で、フラグムービーは「wwwHLTVorg-YouTube」で見ることができます。アップロード頻度も高いので、チャンネル登録して毎日こつこつ見ていくとスキルアップ間違い無しです。

これでCSGO初心者講座は終わりです

おつかれ様でした!CSGOはFPSゲームの中でもっとも人気の高いゲームで、同時接続プレイヤー数は少ない時でも25万人、ピーク時ではなんと70万ものプレイヤーが接続しています。

何百時間、何千時間とやりこめるゲームなので、今までCSGOというFPSゲームを敬遠していた方も、この機会にぜひプレイしてみましょう。

ゲーマー向けSNS「イープロファイル」
イープロファイル