今すぐできるCSGO Loungeのやり方・正しい予想で儲ける方法

CSGO Lounge

※追記(2016/8/19)CSGO Loungeを含むギャンブルサイトが数多く閉鎖しました。運営側も賭博システムに対して大きく動き出したようです。残念ながらCSGOでのギャンブルを大々的に行うことはできないでしょう。この記事は削除しませんが、今現在Loungeは使えないということをご注意ください。

CSGOプレイヤーなら一度はやってみて欲しいCSGO Loungeについて、今回はやり方と正しい予想方法について紹介していきます。

スポンサードリンク

CSGO Loungeとは

csgo esl

CSGO Loungeとは、CSGOが公式に認めている「賭けシステム」です。自分が持っているCSGOの武器スキンを賭け、プロゲーマー達の試合結果によって分配されます。(そしてそのスキンをSteamマネーに換えることも可能)

「賭け」というと良くないイメージを抱きがちですが、楽しみながらスキンを稼げる素晴らしいシステムです。そしてプロゲーマーの試合を見ることで勉強にもなりますし、モチベーションの向上にも繋がります。

もちろん、これから紹介する知識を身につければ大損なんてしませんし、中には100$以上(一万円)稼いでいる人もたくさん居ます。ナイフスキンが欲しいけど高くて買えない、という方はこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか?

はじめにCSGO Loungeに登録しよう

SteamのアカウントでLoungeにログイン

まずはCSGO Loungeにアクセスして、ログイン「Sign in through STEAM」をクリックします。

lounge sign in

Steamにログインして、Loungeと連携します。LoungeのIDを作るのではなく、SteamのIDでLoungeにログインするという形になります。

steam login

チェックマークを入れて、ボットではありませんと証明します。

no robot

これでLoungeの登録は完了です。

SteamのトレードURLを登録

CSGO Loungeの上部メニューにある「my profile」をクリックします。

my profile

オレンジ色の「Your Steam trade URL」をクリックします。

steam trade url

そうすると自分のコミュニティページが開くので、「サードパーティーのサイト」欄にあるトレードURLをコピーします。

trade url

先ほどの「my profile」にあった2つの空欄「Add URL」と「Add betting URL」にトレードURLを貼り付けます。

lounge trade url

トレードURLを貼り付けたら、きちんと「Add URL」と「Add betting URL」をクリックして変更を保存しましょう。

lounge save url

Steamのインベントリを公開に設定する

Steamにアクセスして、右上にある自分のアイコンをクリックし、自分のプロフィールページを開きます。そして「プロフィールを編集」をクリックして、プライバシー設定を開きます。

steam profile

プロフィールステータスを「公開」に、そしてインベントリも「公開」に設定します。これでCSGO Loungeの設定は完了です。

Chromeの「LoungeDestroyer」を導入しよう

Loungeをプレイする上でほぼ必須となるのが、Chromeというインターネットブラウザの拡張機能である「LoungeDestroyer」です。

これを導入することによって、「混雑時に自動でベット連続申請してくれる」「日本時間でのゲーム開始時間を表示してくれる」「スキンのマーケット価格を瞬時に表示してくれる」などなど、Loungeプレイヤーにはかなり便利な機能が使えるようになります。とくにベットの連続申請はほぼ必須といえる機能なので、ぜひ導入しておきましょう。

まずはGoogleが配布している「Chrome」というインターネットブラウザをインストールしましょう。ちなみにChromeは世界シェア率No.1のブラウザなので、今だに他のブラウザを使っている方はこの機会に変えてみることをおすすめします。

Chromeをインストールしたら、あとは「LoungeDestroyer」から「CHROMEに追加+」を押せば完了です。CSGO Loungeを効率よく楽しめるようになっているはずです。

まずはCSGO Loungeのシステムを理解しよう

CSGO Loungeにアクセスすると、右側にプロ達のゲーム予定表が書かれています。予定表からいずれかの試合をクリックします。

csgo lounge bet

まずは例として「M&R」と「Orbit」の試合を挙げてみます。

csgo lounge bet

Bet比率を見て、どれくらい儲けれるのか確認しよう

「M&R」は68%、「Orbit」は32%と書かれています。これはLoungeのBet比率を表しています。Bet総額の68%は「M&R」に賭けられ、32%は「Orbit」に賭けられているという意味で、人気で強いチームほどこのBet率が高くなります。

「M&R」のポテンシャル(Potential reward)は0.46for1と書かれているので、1$をBetしてM&Rが勝ったら、0.46$が上乗せされ、1.46$が返ってくるということです。

反対に「Orbit」側に1$Betして、Orbitが勝てば2.14$上乗せされて3.14$が返ってきます。このように、負けそうなチームはBet率が低いのですが、みごとに当たれば一攫千金を狙えます。

現金は使えず、ゲーム内の「スキン」を賭けるシステム

CSGO Loungeでは現金を賭けることは出来ず、代わりにゲーム内のスキンを賭けるシステムになっています。

例えばLoungeで勝ったとき、Bet率に見合った額のスキンがLounge側から返ってきます。(ちなみに返ってくるスキンはLounge側が決めていますので、自分が欲しいスキンをもらう事はできません。ただしBetしたスキンは、変更されずにそのまま元のスキンが戻ってきます。)もちろん負ければスキンは何も手に入りませんし、賭けたスキンも戻ってきません。

ちなみにスキンの額は、Steamマーケットの価格とは違ってLounge側が独自に設定している価格です。なるべくSteamマーケットに近いスキン価格になっていますが、たまに賭けで使うよりもマーケットで売ったほうが得するスキンもあります。

実際にCSGO LoungeでBetをしてみよう

まずは賭けるチームを選んでクリックします。

lounge team

そして「Inventory」をクリックして、インベントリを開きます。

inventory

以下のような英文は、Loungeのサーバーが混雑していると表示されます。

Can’t get items. Possible reasons:
– This profile is set to private ?
– Could not connect to Steam servers;
– Backpack is empty.

server

下にある「Initiate backpack loadin」というボタンをクリックすると、LoungeDestroyerが勝手にリロードしてくれます。しばらく経てばインベントリ画面が表示されますので待っておきましょう。

インベントリ画面が開ければ、インベントリからスキンを最大4つまで選択します。(システムの手数料という都合上、勝ち分が0.3$以下だとスキンが戻ってこない場合があるので少額Betには注意

Inventory

賭けるスキンを選択したら、「PLACE BET」ボタンを押します。

place bet

これでLounge側のSteamアカウントからトレード申請が来ますので、先ほど選択したスキンを渡します。混雑しているときは、LoungeDestroyerが自動的にBet申請を更新してくれます。「Seconds between retries」は何秒おきに自動申請するかの設定です。

LoungeDestroyer

混雑から抜けるとトレード画面が開きますので、賭けるスキンをLounge側のアカウントに渡します。トレード内容の確認にチェックをして「これはギフトです」を選び、進めます。

gift

トレードの完了には、Steamの登録メールアドレスに届いた確認メールの「Confirm Trade」をクリックしなければなりません。面倒ですが詐欺防止のシステムなので確認しましょう。(※現在はモバイル認証によるトレード確認が強制されています。)

confirm

メールで確認ボタンを押したら、あとはメニューバーの「My Bets」から自分が賭けたゲーム表を見れます。右上の「Won」には、勝った時のスキンが追加されます。右下の「Returned」には勝った時のBetスキンが戻っていることを表します。

my bets

勝ったスキンの受け取り方

スキンはLounge側のアカウントが持っています。手元にスキンを戻さなくとも、Lounge側に保存されているスキンを直接Betすることもできます。それでも受け取りたい方は下の方法から受け取れます。

My BetsのWonとReturned欄にあるスキンを選択して「Requested returns」欄に移動します。そして「REQUEST RETURNS」ボタンを押しましょう。そうすればCSGO Lounge側のアカウントからトレード申請がきますので、了承すればスキンが自分のアカウントに戻ってきます。

CSGO Loungeで正しく儲ける、5つの方法

海外のCSGOサイトで情報を確認

CS:GO HLTV.org」というサイトでは、試合結果やゲーム予定表などが確認できます。他にも各クランチームの勝率や、マップごとの戦績まで細かく調べることが可能です。このサイトを見て、クランチームの得手不得手マップ、最近のゲーム戦績などを調べましょう。Loungeをするならばこのサイトは必須です。

CS:GO Rankings Database」では、リアルタイムでCSGOの世界ランキングを確認できます。過去12ゲーム分のスコアも見ることができますが、詳細までは知ることができません。あくまでランキングの確認サイトです。

Negitaku.org e-Sports」では、CSGOに関するニュースを日本語で読むことができます。しかし更新がそれほど早くなく、海外の大会についても完璧に書いているという訳でありません。日本のCSGO大会などについてがメインになっていますので、基本はHLTV.orgを参考にすると良いでしょう。

CS:GO Betting」は、海外のLoungeプレイヤー達の掲示板のようなものです。両チームの最近のゲーム結果、そしてLoungeのBet率がどのようなものだったかのかを確認できたりします。Loungeガチ勢のBet予想からも学べることがあるので、参考になるかと思います。

BO1(Best of 1)の試合は美味しい

lounge bo1

上の試合を見てください。世界1位を獲得したことのある「NiP(Ninjas in Pyjamas)」と、世界ランキング12位(当時)の「HR(HellRaisers)」のスコアです。なんとHRが勝っています。

「Best of 1(BO1)」とは、1マップのみで勝敗を決めるゲーム形式のことです。BO3ならば3マップ中2マップ先取で勝ち、BO5なら5マップ中3マップ先取で勝ちという事になります。

そしてBO1ならば二流チームがトップチームに勝つことも十分あり得るということです。BO5などのスコアを見てみれば分かりますが、格下のチームが世界1位チームに対して1マップ取るということは珍しくありません。そのためBO1の試合にBetし、もし予想が当たれば大儲けすることができます。

が、もちろん基本はBet率が高いチームが勝ちます。なのでどちらに賭けるかに関わらず、BO1の試合に大金Betするのはおすすめできません。上手な人ほどBO1ゲームに大金を賭けることはありませんが、大穴を狙いたいならBO1がおすすめです。

正しい予想ができるまでシュミレーションがおすすめ

lounge score

上の画像のように、Loungeのゲーム予定表をスクリーンショットで撮り、試合後にHLTV.orgの試合結果を見るというシュミレーション方法も良いかと思います。時間がなくとも後でスコアをまとめて見れますし、負けてもお金が減るわけではないので、シュミレーションとしては最適です。

ちなみにパソコンでスクリーンショットを撮る場合はGyazoがおすすめです。枠で囲むだけでスクリーンショットを撮れますし、ネット上に画像を保存してくれるため非常に便利です。管理人もお世話になっています。

gyazo

ちなみに「1$ルール」というのが有名で、勝ち分(Return)が1$になるようにBetすることです。(もちろん1$じゃなくても良いです。)Loungeを始めたての頃は、まあほとんど正しいスコア予想ができません。なので負けても痛くないよう、リターンが1$になるように賭けて慣れていこうという作戦です。

少なくとも50試合ぐらいは1$ルールでLoungeに慣れていくべきだと思います。このルールは初心者のみならず、溜まったゴミスキンを処理していく上でも役立つので、Loungeプレイヤーなら覚えて損は無いでしょう。

ローリスク・ローリターン作戦

正直に言うと、これが最も安定して稼げます。その名の通り「ほぼ勝ち確定のチームに、超高額Betする」という作戦です。

もちろん勝ち確定のチームですから、Bet率がほぼ95%ぐらいに落ち着いていきます。なのでBet額のわずか5%分のリターンしか儲かりません。しかし一つの上限額である75$のスキンを4つ用意して300$を賭ければ、(5% * 300$ = 15$)(15$ * 120円 = 1,800円)で、なんと一回で1800円のプラスです。

二日に一回ぐらいは、こういった勝ち確定の美味しい試合があります。一ヶ月換算でおよそ27,000円のプラスとなります。もちろん95%でなくとも85%ぐらいのチームに高額Betすることもありますので、一回で約5000円プラスの試合を美味しく頂けます。

デメリットは2~4万円分のスキンを用意しなくてはならないこと、もし負けた時のショックがでかすぎることです。適正なゲーム予想ができない内には、上でも紹介した1$ルールがおすすめです。

ちなみに調子にのって80%ほどのチームに賭けはじめてしまうと、下のようにマイナス5万円という結果にもなります。半年ほど姿を消しているのはお察しです。

lounge lose

Bet率が偏っている試合に賭ける

lounge odds

上の画像(TempoStorm Vs CLG)では、Bet率50-50ほどの試合なのに、62-38となっています。これはCLG側の最近の試合のスコアが悪かった、そして前回のTempoStorm戦で負けていたという理由があります。そのため、このようにBet率が偏ってしまったのです。

試合の結果はCLGの勝利(16-11,16-6)で、3500円ほど勝ったことになります。そしてこのようにBet率が偏った試合に賭け続けるのが、最も効率的な儲け方です。ミソなのは勝ちそうなチームに賭けるのではなく、正常とされるBet率よりも低いチームに賭けるということです。もちろんこれは慣れが必要ですし、場数を踏まなければなりません。10%ほど偏っていれば、ほぼ私はBetします。

5%程度の差 = よくある試合 大体スルー
10%程度の差 = ちょっと美味しい試合 大体賭けます。
15%程度の差 = 美味しい試合 これは賭けます。
20%程度の差 = かなり美味しい試合 1月に数回あるかという所です。

あとはCSGO Loungeをお楽しみください

fnatic lose

CSGO Loungeは無茶なBetをしない限り、コツコツと着実に稼げるシステムです。まれに上画像のような大穴がありますが、ヤケを起こして狙うと痛い目にあい、CSGO自体のモチベーションも落としかねません。

スキンとはいえ立派な「賭け事」ですので、しっかりと自意識を保ちながら楽しみましょう。中には数十万円のスキンを稼いでいるラウンジ猛者もいますよ。

ゲーマー向けSNS「イープロファイル」
イープロファイル