マウスパッドの掃除はコロコロとウェットティッシュが最適

コロコロ

マウスパッドを酷使しているFPSゲーマーにとって、マウスパッドが汚れるというのは宿命です。気がつけばマウスパッドは購入当初とかけ離れた見た目になってしまいます。

しかし、毎日のちょっとした手入れだけで、マウスパッドが半年間はキレイな状態が続くことをご存知でしょうか?。これから紹介する手入れ方法を行えば、わざわざ水洗いするなどの面倒事とはおさらばです。

スポンサードリンク

マウスパッドの水洗いはおすすめしない

マウスパッド 水洗い

マウスパッドを水で洗うことはおすすめできません。なぜなら、マウスパッドの本来の性能や使用感が変わってしまうからです。AVAの日本代表として数々の世界大会にでも出ているAk~ayS(釈迦)氏は、「マウスパッドを洗わない」と述べています。

Q. 釈迦さんは今でもマウスパッドは洗わずにコロコロや、ウエットティッシュなどで掃除しているのですか? また、そのように使用した場合どのくらいの頻度でマウスパッドを買い換えますか?

A. そうですよー。大きく使用感が変わるのが嫌なのであまり大きな掃除はしませんね。今使ってるパッドは半年以上使ってます。

出典:Ak~ayS.aka.釈迦 @avashaka

さらに水洗いしてしまうと、マウスパッドの厚さや大きさにも異なりますが完全に乾くのに丸1日は要します。さらに乾かしている間のために予備のマウスパッドを用意しなければなりません。

飲料水などをこぼしてしまった場合は水洗いも良いかと思いますが、いっそのことマウスパッドを買い替えるほうがAIMの安定のためでもあります。

手軽に掃除できるコロコロやウェットティッシュがおすすめ

コロコロ

釈迦選手も述べていた通り、掃除方法としてはコロコロやウェットティッシュなどの手軽に掃除できるアイテムを使用するのがおすすめです。

私は布製のマウスパッドであるSteelSeries QCK heavyを長い間使用していますが、コロコロを使って掃除しているだけで半年間キレイなままの状態が続いています。たった数秒、マウスパッドをコロコロッと掃除するだけです。

コロコロで取れないような汚れ、つまりは手垢などが少し目立ってきた場合はアルコールティッシュでひと拭きします。そうすればすぐにキレイになり、購入時とほとんど変わらない性能を維持できます。

まとめ

  • 水洗いをすると性能が大きく変わってしまう
  • コロコロを数日に1回使って、小さなゴミやホコリを取る
  • 目立つ汚れが出てきた場合、アルコールティッシュでしっかり拭く

上の3つを守るだけで、2~3ヶ月でマウスパッドが汚くなる人も半年はしっかりキレイな状態を保つことが出来ます。1日数時間もマウスパッドを酷使している私が言うので間違いないです。もちろん私の机の横にはコロコロとアルコールティッシュが常備されております。

手入れ道具にお金を掛けたくない…、と思うかもしれませんが、長い目で見れば、マウスパッドを買い換えるよりも安く上がるので、しっかり手入れをしていくことを推奨します。下記商品はわたしが愛用しているコロコロとウェットティッシュです。

スポンサードリンク