240Hzモニターはやっぱり買うべき?メリットとデメリットとの解説

ゲーミングモニター

今回は240Hzモニターを買おうか迷っている方へ向けた記事です。240Hzモニターは過去に疑似240Hzモニターが販売されたりと少しややこしくなっていますので、最近のモニター事情と共に焦点を合わせながら解説していきます。

スポンサードリンク

リフレッシュレート(Hz)とは?

リフレッシュレート

「Hz(読み:ヘルツ)」とはリフレッシュレートの単位で、一秒あたりに何回モニターの画面を更新するかを表します。144Hzであれば、一秒間に144回モニターの画面が更新されます。

一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hzとなっていますが、ゲーミングモニターは144Hzや240Hzが主流です。もちろん240Hzなどは60Hzよりも画面が滑らかに動き、ゲームでは敵を視認しやすいなどのメリットがあります。

通常のモニターは60Hzですが、144Hzや240Hzなどのモニターを使うと、もう二度と通常のモニターに戻れなくなってしまうと言われているほどです。

過去の240Hzモニターは、純粋な240Hzでは無かった

240hz

2014年頃、あるモニターが最初の240Hzモニターとしてと販売されました。しかしこの240Hzモニターは、毎秒144回の描画のあいだに、仮想フレーム(96枚分の黒画面)を挟んであたかも「240Hzのように見せよう」という仕組みだったのです。要するに「144Hzだけど色々工夫して240Hzということにして売ろうぜ!」という事になります。

もちろん黒い画面を挟んでも、144Hzよりは若干なめらかに見えますが、純粋な240Hzよりはなめらかに見えません。そしてこの黒画面を挟むことで表示遅延が発生し、ゲームで不利になってしまうのです。(その遅延の懸念によって、疑似240Hzモニターを採用したゲームの大会などは全く存在しませんでした。)

現在はフル240Hzモニターがリリースされている

しかし現在では黒画面などを挟んでいない、言うなればフル240Hzモニターが販売されています。そのモニターがBenQ XL2540です。現状このBenQ XL2540がゲーミングモニターの中では最高峰という位置づけになっています。

価格については144Hzモニターが30,000円、BenQ XL2540が59,000円となっています。およそ2倍近く違うので240Hzモニターが爆速的に普及するとは言い難いですが、今後はコスト面でも改善されていき、次第に240Hzモニターがスタンダートとなっていくでしょう。

購入する際の注意点ですが、パソコン側で240FPSを出し続けることができるのか確認しておきましょう。その他のメリット・デメリットなどは「おすすめのゲーミングモニター(144Hz,240Hz)」という記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

ゲーマー向けSNS「イープロファイル」
イープロファイル