おすすめのFPSゲーミングモニター(144Hz,240Hz)

ゲーミングモニター

FPSではゲーミングモニターを使うことによって、圧倒的なほど有利になります。ディスプレイがおよそ2~4倍ほど滑らかになり、AIMがしやすくなってさらに撃ち勝てるようになります。

そしてゲーミングモニターには、目の疲れが軽減される特殊パネルや、暗いステージを明るくしてくれる機能などが搭載されています。こういった様々なメリットがありますので、FPSで勝ち続けるためにもより良いゲーミングモニターを使っていきましょう。

スポンサードリンク

選ぶポイントはリフレッシュレート(Hz)

60hz 144hz

ゲーミングモニターで重要となるのはこの「Hz(読み:ヘルツ)」というリフレッシュレートの単位です。リフレッシュレートとは、一秒あたりに何回モニターの画面を更新するかという値です。144Hzであれば、一秒間に144回モニターの画面が更新されます。

一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hzとなっていますが、ゲーミングモニターは144Hzや240Hzが主流です。もちろん240Hzなどは60Hzよりも画面が滑らかに動き、FPSでは追いAIMなどがよりしやすくなります。

通常のモニターは60Hzですが、144Hzや240Hzなどのモニターを使うと、もう二度と通常のモニターに戻れなくなってしまうと言われているほどです。

誰もが認める良コスパの144Hzゲーミングモニター

BenQ ゲーミングモニターXL2411 24インチ/フルHD/144Hz/1ms

ゲーミングモニター xl2411

FPSゲーマーに人気のメーカー「BenQ」製のモニターです。AVAやCSGOなどの世界大会でも使用されており、FPSプロプレイヤーはほとんどこのBenQ製のモニターを使っています。そしてかなりのヌルヌル感を味わえる144Hzモニターです。

CSGOプロの使用デバイス一覧を見ればわかりますが、世界的に人気のあるCSGOというFPSゲームでのプロ達は、ほとんどBenQ製144Hzモニターを使用しています。その中でもこのBenQ XL2411特にコストパフォーマンスに優れており、もっとも人気なモニターとして有名です。

応答速度なども文句のつけようが無く、長時間のプレイでも目が疲れないモニターパネルや、暗いステージを明るく自動調整してくれるBlack eQualizer機能などを搭載しています。まさにFPSのために作られたゲーミングモニターで、144Hzモニターの中では一級品と言っても過言ではないです。もちろん日本のトップレベルのプレイヤー達の9割以上が144Hzモニターを使用しています。(追記:最近リリースされた240Hzモニターへとシフトしている方もちらほら出ています。240Hzモニターについては詳しく後述しています。)

価格も新品で3万円を切っており、以前と比べてかなりお手頃になっています。そしてゲームだけではなく、普段のマウスカーソルやブラウザの移動もよりヌルヌルに動くので、コスト以上に満足できるモニターとなっています。Amazonのレビュー(前モデルXL2411Z)では146件で☆4.3と高評です。ゲーマーなら絶対に後悔しない、と言ってもよいほどの性能なので、この機会に144Hzモニターを手に入れてみてはいかがでしょうか。

マルチディスプレイを考えている方へ

※モニターをマルチディスプレイ(2枚以上使用)する場合は、上位互換であるBenQ XL2430がおすすめです。こちらはDisplayPortというものを搭載しているので、他のDVIやHDMIなどの端子よりも、マルチディスプレイ環境が構成しやすいです。(例:PC – モニタ – モニタ – …という数珠つなぎ風に接続できます)。逆にシングルディスプレイであれば先ほどの通常モデルBenQ XL2411がおすすめです。

現状最高のリフレッシュレート240Hzを実現した最高峰ゲーミングモニター

BenQ ZOWIEシリーズ ゲーミングモニター XL2540 24.5インチ/フルHD/240Hz/1ms

BenQ ZOWIEシリーズ ゲーミングモニター XL2540

2017年2月17日にリリースされたこのBenQ ゲーミングモニター XL2540は、なんと240Hzのリフレッシュレートとなっています。実はゲーマーである私も144Hzからこの240Hzモニターへと切り替えたのですが、FPSにおいての滑らかさにはかなり感動しました。

DetonatioN Gamingというプロゲームチームに所属しているDustelBox氏のTwitterでも賞賛されています。ちなみにこの方はBenQ XL2540の体験イベントにも参加されています。

FPSゲーマー間での主流やFPSの大会などでは、おそらく確実に144Hzから240Hzへとシフトされていくでしょう。遅延もなく、144Hzの完全な上位互換という位置づけとなっているからです。(ただ、コストパフォーマンス的にはまだ144Hzの方が上回っていると言えます。)

そして気をつけてほしいのが、パソコンのグラフィックボード側で240FPSを安定して出し続けることができるか?という点です。モニターが一秒間に240回ディスプレイを更新しても、グラフィックボードがゲームを一秒に240回描写できるだけのスペックがなければ、残念ながらモニターの機能が活かされていないことになります。

こういった点から、予算(グラボもモニターも合わせて購入できない)という都合で144Hzモニターを購入する選択も全然アリだと思います。「240Hzモニターを買ってから、後からグラフィックボードとかのパソコン環境を揃えよう」など、色々考慮してから購入するようにしましょう。

以前まで販売されていた240Hzモニターとは違う

少し前にも240Hzモニターは販売されていたのですが、その240Hzは「120Hzに+黒画面を挟んで240Hzのように見せよう」という仕組みになっていました。そのため、FPSにとって致命的な遅延が発生していたり、144Hzと大きな滑らかさの違いを感じなかったりといったデメリットがあったのです。

しかしこのBenQ XL2540は完全な240Hzリフレッシュレートなのでその心配はありません。現状において、最高のリフレッシュレートを実現したゲーミングモニターです。

ベストセラー1位、ライトユーザーにおすすめの60Hzモニター

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5msフルHDHDMI×1) GL2460HM

「まだFPSにのめり込めるか分からない」「最初はあまりお金を掛けたくない」という方におすすめのモニターです。

同じ60Hzであってもこちらのモニターは画面が明るく鮮やかで、フリッカーフリーバックライトなどの目に優しいパネル設計になっています。画面が暗いほど目に疲れを及ぼしやすく、そしてゲーム内の敵の視認度がまったく違ってくるので、ゲーマーに強くおすすめできるモニターです。

そして応答速度は一般的なモニターが5msであるのに対して、こちらは2msのため、FPSなどのゲームでかなり有利に立てます。また、今使っているモニターが少々古いのであれば、リフレッシュレートが45Hzの場合もあるのでこちらの60Hzモニターを使えばより滑らかになります。

古いモニターを使っている方には、明るさが調整可能・目に優しいパネル・遅延が少ない。という三拍子揃ったこの60Hzモニターがおすすめです。リフレッシュレート(Hz)以外は文句の言いようがなく、ライトユーザーに強くおすすめできるモニターです。

120Hzよりも144Hzモニターがおすすめ

「お金が無いから120hzモニターにしたい」と考えている方もいると思いますが、現状では120Hzのモニターはおすすめしません。現在は120Hzモニターの生産がほとんどストップしており、下位互換である120Hzモニターのほうが価格が高いという状況になっています。つまり144Hzモニターの方が性能もコストも優れているのです。

コストパフォーマンスは144Hzモニターの方が圧倒的に良いですので、120Hzモニターよりも144Hzのモニターを選びましょう。

おすすめのFPSゲーミングモニター まとめ

モニター

上級者レベルのFPSプレイヤーは、ほとんどと言っていいほど144Hzや240Hzのモニターを使用しています。それほどFPSでは滑らかさが重要なゲームなのです。先ほども言いましたが、世界的に人気のある「CSGO」というFPS大会でのほとんどのプロプレイヤーが、BenQ製の144Hz,240Hzモニターを使用しています。現状ではFPSゲーマーはこの144Hz、もしくは240Hzモニターを選べば間違いありませんと断言できます。

  • コストパフォーマンス最高の144Hzゲーミングモニター BenQ XL2411
  • 現状最高リフレッシュレートの240Hzゲーミングモニター BenQ XL2540
  • FPS初心者やライトユーザーにおすすめの60Hzモニター BenQ GL2460HM

またモニターアームを使うことによって机のスペースを広く確保できるため、おすすめの人気モニターアームなども一緒に考えておくと良いかもしれません。

スポンサードリンク