60Hzのモニターから144Hz・240Hzにすると世界が変わる

モニター

あなたはまだ60Hzのモニターを使っていますか?。Hz(リフレッシュレート)とは、画面を一秒間に何回リフレッシュ(更新)するかという数値です。60Hzなら一秒間に60回、画面を更新するということになります。

そしてモニターを144Hzや240Hzにすると世界が変わったように見えるのです。大げさに聞こえるかも知れませんが、ふだん144Hzに慣れている人が60Hzのモニターを使ったときのストレスは計り知れません。それでは144Hz、240Hzモニターの素晴らしさをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

一般的なモニターのリフレッシュレートは60hz

モニター

一般的なモニターはほとんど60Hzのため、ほとんどの人は60Hzのモニターを使っているでしょう。それに対してゲーミングモニターは、144Hzや240Hzのものがほとんどです。

そして残念なことに60Hzのモニターを使っている人は、144Hzや240Hzのモニターの素晴らしさを体感したことがありません。240Hzなどのモニターを一度味わうと、二度と60Hzのモニターには戻れなくなると言われるほどです。

60Hzと144Hz、240Hzモニターの圧倒的な違い

60hz 144hz

「60Hzと144Hzの違いを見たい!」と思っている方もいるかも知れませんが、あなたのモニターはまだ60Hzまでしか表示できません。なので、60Hzのモニターを使っている方にも理解しやすいよう、15Hzと60Hzの比較をみていきましょう。

15Hzで見た場合の円

15

60Hzで見た場合の円

60

(※スマートフォンで閲覧している場合、仕様上60Hzのサンプルが30Hzで描画されている可能性があります。)

144Hzや240Hzはもっとヌルヌルに動く

モニター

上の画像を見ていかがでしたか?。60Hzの方が、明らかに滑らかでヌルヌル動いているかと思います。15Hzと60Hzのモニターの差は45Hzですが、60Hzと144Hzのモニターの差は84Hzもあるのです。240Hzであれば180Hzもの差です。

そうです。上の60Hzよりも、もっともっとヌルヌルに動いてくれるのです。144Hz、240Hzのモニターを味わうと、もう二度と60Hzのモニターには戻れなくなるでしょう。

多くのゲーマー上位陣は144Hz以上のモニターを使っている

FPS モニター

FPSゲームのトップランカーや上位クランに在籍している人は、ほとんど144Hzや240Hzのモニターを使っています。なぜなら、画面が明らかにヌルヌルに動き、AIM、クリアリングのしやすさが段違いに違ってくるからです。

144Hzと240Hzのどちらを選ぶべきか

結論から言うと、コストパフォーマンスを優先するなら144Hz、スペックや予算に余裕があるなら240Hzのモニターを選ぶべきです。

240Hzモニターであれば2017年2月17日に発売された(BenQ ゲーミングモニター XL2540)一択です。(というより240Hzはこれしかありません)。しかし価格が144Hzのおよそ2倍(59,800円)であるため、少し手が出にくいというのが率直な意見です。

もちろん144Hzよりもリフレッシュレートが優れているのですが、コストパフォーマンスといった面を考えると、30,000円前後で購入できる144Hzのモニターが優秀です。

「どう選べば良いのか」という辺りのアドバイスについては詳しくFPSにおすすめのゲーミングモニターという記事で解説していますのでそちらが参考になるかと思います。

ゲーマー向けSNS「イープロファイル」
イープロファイル