PS3・PS4・Xboxでマウスを使うならVenomXがおすすめ

FPS

PS3やPS4などで「マウスを使いたい!」という方には、VenomXという専用コンバーターをおすすめします。これを使うことにより、よりFPSゲームを快適にプレイしやすくなります。

スポンサードリンク

VenomXとは

VenomX

VenomXとは、FPSゲーム専用として作られたコンバーター(PS4等にマウスを接続するための機器、写真では右上)とマウス、片手コントローラーが付属した製品です。メインとなる機器はやはりコンバーターです。後ほどメリットを紹介します。

このVenomXは様々なプラットフォームに対応しており、

  • Playstation 3(PS3)
  • Playstation 4(PS4)
  • Xbox 360
  • Xbox one

上記の4つで使えることができます。さらにマウスはWindowsのパソコンでも使えるので、幅広く利用することが可能です。

VenomXをおすすめできる点・メリット

他のコンバーターと比べて、かなり繊細なマウスの動きができる

このVenomXは、他のコンバーター製品と比べ、よりPCゲームのマウス操作に近いなめらかなエイムが可能になります。マウス操作はゲームパッドよりもかなりエイムが安易なため、よりキルが取りやすくなります。

もちろん「ゲームパッドの方が良い」という方も少なからず居ますが、マウス操作の方が慣れると強い、というのがFPSゲーマーの間ではもはや常識となりつつあります。

ゲームパッドであるとどうしても瞬間的なエイム(振り向きなど)が遅く、それだけ相手に対して不利になってしまうのです。しかしマウスであれば迅速に対応できるため、自分の思い通りにゲームをプレイすることが可能です。

自分の好きなマウスやキーボードを使うことができる

このVenomXの強力なメリットの一つとして、自分の好きなマウス、キーボードを使用することが可能ということです。VenomXのコンバーターには、なにも付属のマウスしか接続できないということは無く、USB接続のマウス・キーボードであれば全て使用できるのです。

現在ではさまざまなFPS用のゲーミングマウスが販売されているため、それをPS4などでも使えることは大きなメリットです。プレイ環境、という時点ですでに相手よりも有利にたてるのです。「おすすめのFPSゲーミングマウス」というページではマウスを紹介しています。

FPSではサイドボタンがとても便利で操作が快適になる

パソコンのFPSゲーマーであれば、ほとんどの人がゲーミングマウスを使用しています。なぜならば、使いやすい形状になっており、そしてサイドボタン(マウスでキーボード操作が可能になるボタン)があるという点がFPSにおいてとても有利だからです。

ゲーム中にスコアボードやマップを見る際にも、キーボードではなくマウスの横にあるボタンを押すだけで見れるように設定することができるのです。キーボードでせっせと移動操作をしていても、マウスに移動以外のキーを設定することで、キーボード操作がよりラクで快適になります。

もちろんほとんどのキーに対応しているので、グレネードやウェポンの切り替えなども、マウスのサイドボタン1つでひょいと操作することが可能です。

コンバーターの中では最も使いやすく、マウス/キーボードを使用するならイチオシ

venomx

VenomXはコンバーターの中では現時点でもっとも人気、といっても良いぐらいの製品です。デメリットを挙げるならば、「コンバーターの設定にはPCが必要」、「価格」という点でしょうか。

価格については16,800円と、少し高く感じるかも知れません。しかしサイドボタンのある付属マウスはとても使いやすく、そのマウスに+高評価のコンバーターがセットになっているという点では、コストパフォーマンスにとても優れています。

他のコンバーターのみの製品が8,000~10,000円ほど(そしてそのコンバーター自体の評価もあまり良くありません)と考えれば、VenomXが現状もっともおすすめできる製品だと私は思います。

AmazonのVenomXは18,900円(2016/4/17現在)となっていますが、FPSコントローラー専門店のGame Labでは、16,800円とAmazonよりも大幅に安くなっています。5,000円以上で送料も無料なので、Game Lab – VenomX【PR】での購入も考えてみてはいかがでしょうか。

venomX-gamelab

※AmazonではV3と通常バージョン(V3よりも安価)があります。V3は通常バージョンの上位互換なので、安定するV3をおすすめします。上で紹介したGame LabのリンクはV3へのリンクです。

ゲーマー向けSNS「イープロファイル」
イープロファイル