モニターは120Hzより144Hzを選ぼう!低価格でしかもコスパ最良

モニター

120Hzのモニターを購入しようとしているあなた、ちょっとお待ちください。「144Hzも欲しいけどなるべく安い方が…」と思って120Hzを選んだのかも知れませんが、それは大きな間違いです。

現在では144Hzモニターの方が、性能がアップして価格も低くなっています。ですので120Hzよりも144Hzの方が圧倒的にコストパフォーマンスが優れています。ぜひ144Hzを選びましょう。

スポンサードリンク

120Hzモニターの生産はほとんど中止

モニター

現在の120Hzモニターの生産はほとんど中止されています。ネット通販でさえも120Hzモニターの販売がほとんど止まっており、現在では144Hzモニターをメインに扱っています。

おそらく120Hzよりも144Hzモニターの方が生産しやすく、コストパフォーマンスも良くなると判断したためでしょう。オークションなどであれば探せば見つかるかもしれませんが、モニターというのは見た目の劣化が目立ちやすいのであまりおすすめできません。それよりも、新品であっても低価格で高パフォーマンスな144hzモニターをおすすめします。

144Hzは120Hzの完全上位互換

モニター

120hzを144hzにすることによって何らかのデメリットや損が生じてしまう、と思ってしまっている方もいらっしゃいます。しかしそんなことは全くなく、144hzは完全に120hzの上位互換モニターなのです。

リフレッシュレート(Hz)が120から144に向上したことによっての滑らかさが上がり、さらにはモニター自体の安定性、発色のキレイさなども上がっているのです。もちろん応答速度1msとなって遅延対策もバッチリされており、FPSなどのゲームをしている方にはとても嬉しいモニターに仕上がっています。

これらの事から、144hzは120hzモニターの完全上位互換であり、144hzモニターを選ぶことが正しい選択となることが分かります。

120Hzはプレミア価格として高騰

モニター

120hzは生産がストップしているので、Amazonなどのネット通販でも転売価格で販売されてしまっています。(通常2~3万円のものが5万円など)

しかし144hzは現在「旬」のモニターなので、適正価格で販売されており、安全に購入することができます。さらには120hzの適正価格とほとんど変わらない価格なので、144hzモニターを3万円ほどで購入することができるのです。もちろん144hzモニターの中でも安いもの、というわけでもなく、現在144hzモニターとして最も有名なBenQ製であっても、3万円弱とかなりリーズナブルなのです。

120Hzではなく、おすすめの144Hzモニターを紹介

BenQ Gamingモニター (24インチ144HzHDMI搭載) XL2411Z

以上の説明で120hzではなく、144hzのモニターが全てにおいて優れているということがお分かり頂けたかと思います。

現在最もレビュー評価が高く、FPSの世界大会などでも採用されているおすすめの144hzモニターをご紹介します。その名も「BenQ Gamingモニター (24インチ/144Hz/HDMI搭載) XL2411Z」です。

こちらは144hzモニターの中でも最もコストパフォーマンスに優れており、性能もFPSの大会で採用されているだけあってかなり高水準です。応答速度は1ms、さらには目に優しいモニターパネルを使っているので、長時間のパソコン使用でも目が疲れにくくなっています。現代ではスマホやパソコンの画面の見すぎでブルーライト病や視力低下の危険がせまっています。なので、こちらの性能も良く、ブルーライトカットパネルなこのモニターが人気となっています。

もちろん144Hzというだけあって画面は滑らかで超ヌルヌルです。ゲームはもちろん、普段のネットサーフィンでもマウスカーソルの滑らかさ、スクロール移動のヌルヌル感に感動してしまうでしょう。144hzモニターに慣れてしまうと、二度と普通のモニターに戻れなくなってしまうと言われているほどなので、ぜひ144hzモニターを体験してみてはいかがでしょうか。

ゲーマー向けSNS「イープロファイル」
イープロファイル