メカニカルキーボードの軸の種類の違いについて解説

メカニカルキーボード

メカニカルキーボードの中でも、軸の種類によってキーの性能が大きく異なってきます。例えば「赤軸」「青軸」「茶軸」などはメカニカルキーボードで一般的に採用されていますが、その性能の差はハッキリと分かれています。

それぞれのキーの軸について知識をつけておくと、キーボード選びにおいてとても役に立つことでしょう。今回はそれぞれの軸について解説していきます。

スポンサードリンク

メカニカルキーボードとは

メカニカルキーボード

メカニカルキーボードとは、一般的なキーボードとは違い、キーの内側に特殊なスイッチやバネが仕込まれているキーボードのことです。

このメカニカルの特徴としては、キーを押すときの音である打鍵音が独特で「カチャッ、カチャッ」というスイッチ感のある音がします。

さらにキーを押すときに気持ちのよいクリック感があり、打鍵音との相性は人を魅了するほどの心地よさがあります。ゲーム向けなどの高価なゲーミングキーボードには、このメカニカル式がほとんどに採用されています。

メカニカルキーボードは軸色によって性能が違う

軸

そのメカニカルキーボードですが、キーの素材によって「茶軸」や「赤軸」「青軸」などの色に分類されます。今回はすべて解説するのではなく、代表的である3つの「茶軸」「赤軸」「青軸」を解説していきます。

理由としては、たくさんの軸の種類があるなかで、黒や白などと言った軸色は、存在だけでほとんど使われていないというのが現状であるからです。

それぞれのキーの軸の違いついて解説

最初のイメージとしては、「赤軸」と「青軸」が対になるような性能で、「茶軸」はその二つのバランス型、だと思えば覚えやすいでしょう。

茶軸

  • キーの軽さ★★☆(普通)
  • スイッチ感★★☆(ほどよくある)
  • 音の大きさ★★☆(普通)

バランス的な存在にあるのがこの「茶軸」メカニカルキーボードです。

キーを押した時は少し柔らかく感じ、スイッチ感も程よいです。その軽すぎないという打鍵感から使いやすく、とてもバランスが良いキーボード軸です。

赤軸

  • キーの軽さ★★★(かなり軽め)
  • スイッチ感★☆☆(あまりない)
  • 音の大きさ★☆☆(かなり静か)

茶軸のキーをすこし軽くし、更にスイッチ感(キーが少し反発するような感覚)を取り除いたものです。キーが軽く、そしてスイッチ感が無いので、指が疲れにくいというメリットがあります。キーボードを多用するゲーマー達にも、この赤軸が多く使われています。

またキーの打鍵音も小さいため、マイクを使っていても音を拾いにくいという点でおすすめです。

青軸

  • キーの軽さ★☆☆(けっこう重い)
  • スイッチ感★★★(かなりある)
  • 音の大きさ★★★(けっこう大きめ)

茶軸よりも明確なスイッチ感があり、きれいな「カチャカチャ音」が鳴ります。このカチャカチャ音がクセになるほど心地よいので、耳や指に刺激を求めている方におすすめできます。

ただサウンドが良いその一方、カチャカチャ音が人によっては若干うるさいと感じる場合もあります。といっても普通にプロゲーマーやゲーム配信者もこういった青軸キーボードを使用しているため、余程のマイクやボイスチャットソフトを使わないかぎり、音は気にならないでしょう。

もし静かなキーボードを求めているならば、上の赤軸キーボードがおすすめです。周囲に神経質な人がいたりマイクを使っていたりする場合、この青軸を選ぶなら気をつけておきましょう。

メカニカルキーボードの軸の違い まとめ

軸の色

  • 青軸と赤軸の良いところを取り、バランスが良いのが茶軸
  • 静かな打鍵音、しっとりとしたスイッチ感を求めるなら赤軸
  • 打鍵音が大きくても、スイッチ感とキーを押す楽しさを求めるなら青軸

それぞれの代表的でレビュー評価の良いメカニカルキーボード例は以下です。

赤軸と青軸をどちらにすればよいのか

「青軸」を使ってみた感想として

ちなみに私は赤軸から「青軸」に変えた経験があるのですが、やはり青軸は楽しいです。キーを押すたびに味わえる心地よさ、キレイな打鍵音、青軸を使用してすぐに魅了されました。

しかし青軸は赤軸よりも少し音が大きいので、静かにタイピングしたいといった時にはちょっとストレスに感じます。(私が神経質なのもありますが)。そしてスイッチ感があるだけに指が疲れやすいのです。

けれど結局「赤軸」に戻ってきた

私は結局「赤軸」を愛用しています。赤軸はスイッチ感がなくとも、なめらかでサクサクとタイピングできるので、それもまた楽しさを味わえるのです。私自身ゲーマーであり、そしてこのようなレビュー記事も書くので、疲れにくい赤軸を採用したというのもあります。

青軸をおすすめしない、というわけではありません。青軸も楽しいですし、プロゲーマーなども青軸を使っている人をかなり見かけます。そして体感的にも、赤軸と青軸は5:5ぐらいの人気です。何が大事なのかと言うと、こういった青軸のメリットとデメリットをきちんと把握しておくという事です。

どの軸にするか迷っている方へ

どちらを選ぶか迷っている方は、茶軸を選ぶという策もあります。私もお試しとして茶軸キーボードである「FILCO Majestouch2 108フルキー茶軸」を2ヶ月ほど使用してみました。しかし赤軸青軸を味わっている私からすれば「どっちともつかずかな」という印象を受けました。

ただ結局は個人の好みによるので、店頭などで触れるならもちろん触った方が良いでしょう。青軸と赤軸を2つとも購入するという策も良いかもしれません。気分によって変えることができますし、予備のキーボードとしての利用もできます。(ただ経済的に少し難しいかも知れませんね。)

著者イチオシのおすすめ赤軸キーボード

色々なキーボードを触ってみた結果、私は「SteelSeries ゲーミングキーボード 6Gv2 Red Switch」というゲーミングキーボードを愛用しています。この6Gv2は赤軸の中でも最高峰といっても良いぐらいで、キーを押すときのサクサク感が本当に気持ちいいのです。タイピングの気持ちよさは、下手な青軸よりもはるかに上回ります。

さて色々長くなってしまいました。ですがこういった「迷い」といった過程も楽しいので、ぜひあなたもメカニカルキーボードを味わってみませんか?

スポンサードリンク