おすすめの人気マウスバンジー/マウスコードホルダー

マウスバンジー

有線マウスを使っていて、「マウスコードが邪魔」と感じている方におすすめなのが、このマウスバンジーです。マウスコートホルダーとも呼ばれています。

パソコンでゲームなどをしている時、自由気ままにマウスを動かすことができます。FPSゲーマーの場合、マウスのコードを持ち上げた状態で維持してくれ、エイミングがよりしやすくなります。コードをもどかしく思っている人にはぜひおすすめです。

スポンサードリンク

根強い人気がある粘着シート型のコードホルダー

Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント

Razer Mouse Bungee

マウスコードホルダーの中では最も人気がある製品です。コードホルダー本体の裏面には粘着シートがあるため、プレイ中にズレが生じることはありません。

シンプルで綺麗なデザイン、省スペースな設計という点から高い評価を集めました。Amazonのレビューでは93件のデータで★は4.3と文句無しの評価です。コストパフォーマンスもかなり良く、しっかりとコードホルダーの役割を果たしてくれます。

このマウスコードホルダーは直径4mm未満の細いマウスコードにピッタリです。SENSEI [RAW]のような直径4mm以上のマウスコードであると、コードを挟むことが出来ないので注意してください。太いマウスコードの方には最後に紹介するZOWIE CAMADEというマウスコードホルダーがおすすめです。

重量でしっかりと固定する新作マウスコードホルダー

THERMAL Gaming Mouse Bungee

Tt-eSPORTS-GALERU-Gaming-Mouse-Bungee

こちらのマウスコードホルダーは粘着シートで固定されるのではなく、しっかりとした重量で固定されます。コードホルダーの位置を変えたりする人には、こちらの重量で固定するタイプがおすすめです。

挟めるマウスコードの直径は4mm未満ほどで、レビューを見る限りLogicool製マウスであれば一通り挟めるようです。

上で紹介したRazer Mouse Bungeeよりも2年後に発売されたものなので完成度が高く、海外のAmazonではレビュー数15件すべてが★5とかなり賞賛されています。しっかりとユーザーの意見を取り入れたマウスコードホルダーで、とりあえず悩んでいるという方に是非おすすめできるマウスコードホルダーです。

太いマウスコードにも対応できるコンパクトなコードホルダー

ZOWIE GEAR マウスコードホルダー CAMADE BLACK

ZOWIE GEAR ゲーミングマウス マウスコードホルダー CAMADE BLACK

マウスコードを挟む先端の部分が柔らかいため、幅広いゲーミングマウスに対応しているコードホルダーです。ほとんどのマウスに対応できるほどの柔軟性を持ったデザインとなっています。

有名なゲーミングマウスであるSteelSeries RivalSensei RAW Frost BlueRazer DeathAdder 2015 Chromaなどは上でも紹介したコードホルダー2種でも挟めるのですが、それよりも太いコードだと挟むことが困難です。一目見て「コードが太い」と感じるようなマウスを使っている人にはおすすめのコードホルダーです。

ちなみにこちらも粘着シートで固定するのではなく、しっかりとした重さと裏面のラバー加工によって固定されています。

おしゃれでコンパクトなデザイン、コードを挟むバネの部分が収納できるという点から、高品質なモノを使いたいという人にぜひ使って欲しいマウスコードホルダーです。

まとめ

マウスコードホルダー

  • 安く、性能的にも十分なコードホルダーが Razer Mouse Bungee
  • 粘着シートでは無く、重さで固定したいならば Tt eSPORTS GALERU
  • 太いコードでも挟め、デザインと品質も求めるならば  ZOWIE CAMADE

マウスコードホルダーは種類が少ないので、代表的な上の3種から選んでおけば間違いはありません。

また、マウスコードホルダーを自作しようと思っている人も結構いたりしますが、デザイン性、耐久性、性能にも優れた製品版のコードホルダーがおすすめです。

スポンサードリンク