キーボードのキースイッチの種類について解説

キースイッチ

キーボード選びにおいてキースイッチは、打ち心地や打鍵音が決まる重要なポイントなのでしっかりと選んでいきましょう。

キースイッチの種類を聞くだけで、そのキーボードが安いか高いかまで判ります。まずは代表的な4つの種類について、それぞれ解説していきます。

スポンサードリンク

キースイッチの種類

①メンブレン

メンブレン

2枚のシートでキー入力を判断する単純な仕組みです。安いキーボードは大体このメンブレン式になっています。劣化も早く、ゲーム用としてはもちろん一般用としてもあまりおすすめできません。

②パンタグラフ

パンダグラフ

キーを押す角度が多少ずれても、入力される仕組みです。もちろん、キーの入力角度が関係無いという仕様のため、誤入力が起こりやすいです。このパンダクラフ式はゲーミングキーボードではあまり採用されていません。

③メカニカル

メカニカル

各キーの内側に複雑なスイッチが組み込まれています。ゲーミングキーボードに多く採用されているタイプです。茶軸青軸赤軸など、色によって、さらに分類されます。この軸色によってさらに性能が異なってきますので、しっかり選んでおきたい所です。

それぞれの軸の特徴をふまえながら、おすすめのメカニカルキーボードも紹介していますので、よろしければそちらも参考にしてください。

④静電容量無接点

静電容量無接点

静電容量の変化を検出して、スイッチの入力がされる仕組みです。押し込んだときはスイッチそのものではなく、スプリングが底を打つのでカツンと爽やかな音がします。

金融機関などでも多く使われているキーボードです。このキーボードに慣れてしまうと他のキーボードが使えなくなると言われているぐらいです。

まとめ

ゲーミングキーボード

静電容量無接点も良いけれど、やはりFPSゲームなどではメカニカルがおすすめです。静電容量のようなスコスコ感があるキーボードより、タッチ感のあるメカニカルキーボードの方がストッピングがしやすいです。

  • FPSゲームだけに絞るならメカニカルのキーボード
  • FPS以外にも別ゲーをプレイしたい、さらに作業用としても使うのなら静電容量無接点のキーボード

ちなみに静電容量無接点のキーボードは東プレのRealforceシリーズのみなので、やはりバリエーション・選択の幅としても広いメカニカルキーボードをおすすめします。「おすすめのメカニカルキーボード」という記事では、メカニカルキーボードのおすすめを解説付きで紹介しています。

ゲーマー向けSNS「イープロファイル」
イープロファイル