マウスの手汗がすごいゲーマーへの対策ポイント5つ

マウス

FPSなどのゲームをしていると、マウスが手汗でべたべたになる人もたくさんいるかと思います。

私も手汗の量がハンパなく、FPSで手汗を拭いている途中で撃ち殺されるという場面もいくつかあったものです。そんな私がマウスの手汗の悩みを解決した、5つの対策ポイントを紹介していきます。

スポンサードリンク

1.病院で手汗そのものを治す

モニター

根本的に解決するため、手汗そのものを治療するという手段があります。

治療をすればマウスの手汗に悩む必要は無いのですが、余程の発汗量ではない限り治療の必要はないでしょう。私も皮膚科に診てもらいに行ったのですが、「この程度ならまだまだ大丈夫ですよ」と言われて早々とあしらわれました。悲しい。

汗の水滴ができたり、絶対ふつうの量じゃねえぞこの汗!!と思ったりしているならば、一度は皮膚科に診てもらうことをおすすめします。

2.手汗を抑えるクリームをつける

最近の医療はすばらしく、クリームを塗るだけで汗を抑制してくれます。手汗だけではなく、足の汗も抑えてくれるので悪臭の予防にもなります。

3.ラバー加工されたマウスを使う

モニター

マウスがラバー加工(ゴム加工)されているものを使う対策法もあります。

ラバー加工されている人気のゲーミングマウスと言えば、やはりこのSteelSeries RivalSteelSeries SENSEI [RAW]でしょう。

マウスの大部分がラバー加工されているので手汗が感じにくく、手に汗をかきやすいプレイヤーには大きな良ポイントとなっています。RivalはDarkよっぴー氏(AVA世界2位経験)という方も使用中の人気ゲーミングマウスです。

Rivalは右利き用のマウスなので、左利きの人には両利き用ラバー加工ゲーミングマウスのSteelSeries SENSEI [RAW]がおすすめです。

4.うっっすいゴム手袋を使う

ネコ

うすいゴム手袋を使って、手汗のベタベタ感を無くすという方法も十分アリです。しかし私も一度試してみたのですが、夏場はそうとう手袋の中が蒸れるので気持ち悪かったです。

人によっては付け心地が気持ちよかったりするらしいのですが、どうやら私には合わなかった模様。というか、よくよく考えるとゴム手袋しながらゲームしてる人なんていませんよね…。笑

5.ガムを噛んでリラックス→手汗抑制

ガム

プロ野球選手もよくガムを噛んでいますね。

ガムを噛むことによってゲーム中にリラックスし、手汗を抑制することができます。(きちんと実験で検証されている効果らしいです。)その他にも、ガムを噛むことによって、

  • 緊張をほぐしてリラックスできる
  • アゴを使うので顔が痩せる
  • 集中力がアップする
  • 噛むことを繰り返すので、空腹を感じにくくなる
  • 口周りの筋肉運動によって脳が活性化する

などなど、様々なメリットがあります。もちろん、ガムを噛むだけでゲームの上達は見込めませんのできちんと練習もしましょう。

まとめ

マウス

たくさん手汗をかいていた私がした対策は、「ラバー加工のマウスを使う」「ゲーム中にガムを噛む」の2つです。

その中でも、やはりラバー加工のマウスというのは大きく実感できたかなと思っています。今までツルツルのマウス、Sensei RAW Frost Blueを使っていましたが、SteelSeries Rivalに替えてからはゲーム中の手汗が全然気にならなくなりました。

あとは集中力アップなどのメリットもある”ガム”も噛んでいます。その他にも色々と手段はありますので、自分にあった対策ポイントを見つけていくのも良いかも知れませんね。

スポンサードリンク