光る!バックライトキーボードのおすすめを紹介

バックライトキーボード

バックライトキーボードとは、キーの文字部分などがLEDで発光するキーボードのことです。子ども心をくすぐられます。

そんなバックライトキーボードも今の時代ではそんなに珍しくありません。むしろ海外のゲーマー達の中では流行っているぐらいです。コストも5000円~20,000円と幅広いので、人気のおすすめバックライトキーボードを紹介していきます。

スポンサードリンク

ホワイト+オレンジ色の暖かみあるバックライトキーボード

LOGICOOL イルミネートキーボード K740

LOGICOOL イルミネートキーボード K740

こちらのキーボードは文字がオレンジ色とホワイト色に光ります

派手すぎないバックライトに仕上がっており、シンプルな光り方が好きな人におすすめできるキーボードです。またバックライトの明るさも調整できるため、自分の好みにあったライトを演出できます。

キーはノートPCなどでも多く使用されているパンダグラフ式のため、なめらかで静かにタイピングすることが可能です。打鍵音も小さいので、周囲に対して音の大きさに気をつける必要はありません。

キーボードの厚さは9.3mmとかなり薄く仕上がっており、この価格帯ではかなりコストパフォーマンスに優れていると言えるバックライトキーボードです。

静かな青色LEDで光るバックライトキーボード

LOGICOOL ゲーミングキーボード G105

LOGICOOL ゲーミングキーボード G105

青色のLEDがくっきりと光り、暗い場所でもはっきりと見やすいバックライトキーボードです。こちらもLEDバックライトの明るさが3段階で調整ができ、低価格のバックライトキーボードとしてはかなり人気が高いキーボードとなっています。

ゲーミングキーボードというだけあって耐久性も良く、6つの同時押しにも対応しているのでゲームをしている方には嬉しいポイントです。また、左に6つのキーを設定できる「マクロキー」というものがあるため、こちらもゲームにおいて便利であり、マイクの切り替えなども指一本で切り替えが可能です。

キーボードの打鍵感は、低コストにも関わらず気持ちのよいスイッチ感があります。落ち着いた青色LEDバックライトと、コストの安さの両方を求めている方におすすめのキーボードです。

多彩な光り方が可能なバックライトキーボード

Razer BlackWidow X Chroma ゲーミングキーボード

Razer BlackWidow X Chroma

バックライトキーボードの最高峰と名高いRazer BlackWidow X Chromaです。過去のバックライトキーボードは一色でしか光りませんでしたが、このBlackWidow X Chromaはなんと1680万色から選ぶことができ、さらにLEDの光り方も様々な種類から選べます。

レインボーを波のように動かせたり、特定のキーだけを光らせたり、押したときだけ発色させたりすることが可能です。そして「カチャカチャ」というキレイな打鍵音はとても心地よいです。キーを押すときのスイッチ感がものすごくあり、何度も何度も押したい気持ちにさせられます。

メカニカルキーボードにLED機能をプラスしたため、すこし価格は高いですが、Amazonのレビューでは32件で★4.8とかなりの高評価です。LEDだからと言って性能に手を抜いておらず、バックライトキーボードとしては最高の味わいを楽しめます。

おすすめのバックライトキーボードまとめ

バックライトキーボード

  • オレンジ色とホワイト色のバックライトキーボードなら LOGICOOL K740
  • 青色のLEDで光るバックライトキーボードなら LOGICOOL G105
  • 1680万色で多彩な光り方が可能なバックライトキーボードなら Razer BlackWidow X Chroma

3,000円ほどの価格でバックライトキーボードも購入できたりしますが、あまりおすすめはできません。なぜならバックライトがあまりキレイで目立つようなものでは無く、さらに打鍵感(キーの打ち心地)もあまり良く感じられないからです。

「安物買いの銭失い」という言葉があるとおり、下手なバックライトキーボードを買うよりも、先ほど紹介したようなしっかりとしたキーボードを買うことをおすすめします。コストを安く抑えたい方でも、なるべく5000円~はかけておきたいです。

その代わり、LEDで光るバックライトキーボードは後悔させないほどキレイで鮮やかなものです。

スポンサードリンク